「いつからだろう・・・自分の年齢が気になり始め、若さに敏感になってきました。」

「もう少し若い頃は自分の美貌に自信がありました。」

「でも・・・最近、若い子のはちきれそうな美しさに嫉妬を感じるようになったのです。」

「・・・つくづく嫌になります。」

「身も心も美しくエレガンスに・・・鏡に映る自分の顔、素肌・・・。」

「何となく“ハリ”が、“透明感”が・・・こんなはずじゃなかったのですが・・・。」

「小じわで悩み、いろんなコスメを試してみたのですが、イマイチ、パッとしないのです。」

「年齢を美しさに変える・・・そんなとっておきを探しています・・・。」

「すると、ありました!」